大学生 一人暮らし 生活費

総務省統計局の家計調査によると一人暮らしの生活費は1ヶ月約16万円です。一人暮らしの生活費16万円の内訳にはどのようなものがあるのでしょうか。今回の記事では、一人暮らしにかかる費用を年齢別に紹介し、生活費を抑える方法や節約術を解説します。 全国大学生活協同組合連合会が2018年に実施した、大学生を対象にした調査によると、一人暮らしの大学生への仕送りの全国平均は月71,500円です。 進学先が東京の場合は、他の地域より家賃や物価が高いので、全国平均より高い額が必要になってくると考えられます。 大学生で一人暮らしをするなら毎月の生活費はどのくらい?家賃や学費は?親から仕送りはもらうべき?など、費用に関しての疑問を解決します!, 東京都内で一人暮らしをする現役大学生100人にアンケートをとった結果をもとに、リアルな生活費内訳を紹介します。, 大学生の一人暮らしの家賃相場や、国立・公立・私立大学の学費目安、バイトでいくら稼ぐべきかなども紹介しています!, この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。, 日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。, 東京都内で一人暮らしをする現役大学生100人に「1ヶ月の生活費はどのくらいか」アンケートをとった結果、学費を除く生活費は月約13.5万円でした。, 家賃は約4.5万円でした。練馬区・中野区・豊島区あたりの、ワンルーム・1Kのアパートを選んでいる大学生が多いようです。, 食費は月約2.7万円で、自炊・外食が半々の人が多いです。外食も、学食やチェーンの牛丼屋など500円以下で食べれるものが人気です。, 他には、カップ麺や100円パン、冷凍食品などをメインで生活している学生がいました。, 水道光熱費は月8千円と、一人暮らしの平均よりやや低めです。大学やバイト、サークルなどで家にいる時間が少ないため、8千円ほどで収まります。, 娯楽費(サークル費込)は約3万円です。大学のサークルに入っている人は、ほぼサークルの飲み代で消えているようです。, スマホ・ネット代は約8千円、衣類・日用消耗品代が約1.2万円、交通費が約5千円でした。, スマホは、家族と同じキャリアにしてファミリー割引を適応している人が多いです。さらに抑えたい場合は、格安SIMに変更しましょう。, 衣類・日用消耗品代は、女性がや高めで、男性は1万円を切っている人が多いです。特に女性は、化粧品代と大学に着ていく衣類にお金をかけているようです。, 交通費は、大学やバイト先までの定期代がメインです。バイト先を、渋谷・新宿・池袋などの繁華街にすることで、休日の遊びに行く交通費を定期内に収めています。, ちなみに、日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」によると、大学生(昼間部)の生活費平均は年間70万円でした。12ヶ月で割ると月約5.8万円でした。, 毎月約4万円も差が出ます。食費や水道光熱費は、家族と一緒になっているので一部負担になっていることが多いです。, そのため大学から実家が近い人は、費用を抑えられる実家暮らしのほうが良いです。大学在学中に、卒業後に一人暮らしをする際の費用を貯めておきましょう。, 大学生の一人暮らしの家賃相場は約4.5万円です。これは、東京で一人暮らしをする大学生100人に聞いた、アンケート結果です。, アパートタイプのワンルーム・1Kを選び、できる限り家賃が安いお部屋を選んでいる人が多いです。, マンションを選んでしまうと、家賃が6~8万円ほど必要です。また、お風呂・トイレ別など、設備にこだわると家賃が高くなりやすいです。, 以下は、東京都で大学生に人気のある街の家賃相場です。生活費の他に家賃がどれくらいかかるのか参考程度に確認してください。, 家賃相場は低いエリアは、もともとの家賃設定が安いです。東京23区であれば練馬区・豊島区・葛飾区・足立区がおすすめです。, アパートタイプの物件は、マンションよりも1万円近く家賃が安いです。その理由は、建設コストや管理費が安いからです。, また「駅徒歩15分以内・築年数指定なし」まで条件を緩和すれば、東京23区でも家賃4~5万円のお部屋がたくさん出てきます。, 駅徒歩15分は距離にすると約1.2kmです。築年数に関しては、リフォームされていて内装が綺麗なお部屋がねらい目です。, ちょっとした空き時間にチャットやLINEで「〇〇大学近くの物件が知りたい」など、希望条件を伝えるだけでスタッフがぴったりのお部屋を紹介してくれます。, 自宅にいながら親と一緒にお部屋探しできますし、引っ越し先の不動産屋に行く暇がないという人にもおすすめです。, 日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査」がおこなった調査によると、国立・公立・私立大学の昼間部の年間学費は以下の通りです。, 学費には授業料以外の修学費、課外活動費、通学費も含まれています。学校や学部によって費用が変わってくるので、あくまでも目安です。, 国公立と比べると私立の学費は2倍以上です。よほど大学にこだわりがある人以外は、国立か公立の大学がおすすめです。, 奨学金には、返金義務のない「給付型」といわれるものと、返金しなければいけない「貸与型」の2種類があります。, 給付型は金額が低いですが、後々返金義務はありません。条件をクリアできる人は、給付型の奨学金を利用するようにしましょう。, 貸与型は、学生ローンと言われるもので、いわば借金です。卒業後、徐々に返金しなければいけないので、後々の生活費が苦しくなります。, ちなみに日本学生支援機構の調べによると、一人暮らしをしている学生の35.7%、実家暮らしの26.8%は奨学金を借りているようです。, 大学生で一人暮らしするなら、最低でも月6~7万円はアルバイトで稼ぐべきです。この6~7万円は、家賃と学費を除く生活費分が目安です。, 東京都内の最低賃金が1,013円(2020年12月時点)なので、月60時間以上アルバイトしなくてはいけません。, 平日毎日3時間~4時間もしくは、平日は週4日にして土日のどちらか半日をバイトに費やすことになります。, 昼は学校、夜はバイトとなると1日朝8時半~夜10時まで活動していることになります。これは、社会人でいう毎日4~5時間残業していることと同じです。, 都内で一人暮らしをする現役大学生100人に、週何日アルバイトをしているのか聞いた結果、約半数の人が週4~5日でした。, その他の2名は、長期休み中に時給の良い短期バイトを入れ一気に稼いでいる人と、インターンで給料をもらっている人でした。, 飲食店は、まかないが出るので食費を抑えられるうえ、夜22時以降に入ると深夜手当で時給が高くなるので人気です。, 大学生の一人暮らしは、親からの仕送りがないと相当キツいです。毎月の生活費に加えて学費や家賃も自分で支払わなくてはいけません。, 例えば、国立大学に通いつつ家賃5万円のお部屋で一人暮らししたとすると、月に学費で約5.3万円、家賃で5万円、生活費で約6.7万円の合計17万円必要です。, 17万円稼ぐとなると、新卒の新社会人の初任給並みです。バイトだと毎日5時間以上働かないと稼げないので、学業との両立ができません。, 体力的にも精神的にもつらくなり、一人暮らしどころではありません。最低でも、学費と家賃は親に支払ってもらえないか交渉すべきです。, 都内で一人暮らしをする現役大学生100人に、仕送りはいくらもらっているのかアンケートを取った結果、毎月5万円もらっている人が多かったです。, 下記が、アンケート結果をまとめたものです。記載がない27名は、そのほかの金額もしくは仕送りがない学生です。, 1食ずつ作っていると食材代が高くつくので、1つの食材で複数の献立を考え、1度に大量に作って冷凍しておきましょう。, プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば毎月1,500円ほどガス代を抑えられます。都市ガスは公共料金のため、基本料が低めなうえ値上がりしにくいです。, エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定すれば、月約1,200円ほど電気代を抑えられます。温度を変更したい場合は、長時間同じ温度設定にすれば消費電力が少ないです。, タップ式の延長コンセントにして、待機電力を抑えましょう。寝ている7時間、電源をオフにすることで月150~300円ほど節約できます。, わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!, SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!, 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!, 「Rooch」は、チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」と、関東・大阪を中心に営業する不動産屋「家AGENT」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介するサイトです。, チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介するサイトです。. The post 大学生の一人暮らし、いくらかかる?節約のカギと住居を決めるときの注意点 first appeared on ファイナンシャルフィールド. 大学生で一人暮らしするなら、最低でも月6~7万円はアルバイトで稼ぐべきです。この6~7万円は、家賃と学費を除く生活費分が … 大学生の一人暮らしでかかる「水道光熱費」 一人暮らし水道光熱費の平均は一ヶ月当たり10,000円程度ですが、北海道や東北などの雪が多い地方は暖房を多く使う時期があるので、その分光熱費がかさみま … 日常生活カテゴリ 2018.11.5 大学生の同棲!親に反対された時の対処法と説得方法はこれだ 日常生活カテゴリ 2018.10.15 大学生の一人暮らしに!おしゃれなベッド選びの完全ガイド 日常生活カテゴリ 2018.10.21 大学生の時間の使い方!有効活用するためのコツ 家族と一緒に暮らしていたときと比べて、お金の使い道が大きく変わる一人暮らし。学生・社会人に分け、一人暮らしの一ヶ月間の家計簿を実際の平均額からシミュレーションします。 大学生の一人暮らしにかかる費用の内訳や毎月の生活費の平均額や仕送りなしで一人暮らしをするのは現実的かなど、学費や家賃、仕送りの金額で悩んでいる親や不安を抱えている学生に見てほしい、大学生の一人暮らしで気を付けたいお金の話を教えます。 一人暮らしでは、家賃や水道光熱費等がかかるため、生活をするのが大変な印象がある。 しかし、私の大学の友人は週に2.3回は居酒屋で飲み会をしていたり、よく遊んでいたりと楽しそうに暮らしている。 【参考サイト】全国大学生活協同組合連合会「第52回学生生活実態調査の概要報告」, また日本学生支援機構による調査でも毎月の食費は約2万5,000円~2万8,000円と公表されています。こちらの食費ですが一見すると何も問題はなさそうに思えますが、1ヶ月2万5,000円以内に収めるなら、1日あたり約830円にセーブする必要があります。, 毎日3回しっかりと食事をとるなら1食300円未満に抑えなければいけないため、大学生の食事事情はイメージよりも厳しいといえるでしょう。このような理由から大学生の一人暮らしでそこそこの食事をするなら最低でも3万円~3万5,000円の食費を確保しておくのが理想です。, 通信費とはスマホやタブレットなどにかかる費用のことです。またパソコンを使用する学生であれば、インターネット回線も必要になりますが、こちらの項目も通信費に該当します。通信費も使い方によりますがスマホやタブレットのみであれば5,000円~1万円以内に収まる学生が多いです。, インターネット回線やポケットWi-Fiを契約している場合は毎月約5,000円の料金が追加されます。ちなみに通信費に関しては近年、格安SIMが普及されてきましたので今後費用を大きく節約できると予想されています。, 勉学が本業の大学生といえども時には息抜きもしたくなります。学校が休みの日に友人と食事、買い物を楽しむ学生も多いですし、大学生ともなれば歓迎会や忘年会などを開くこともあります。, これらにかかる費用が娯楽・交際費に該当します。この娯楽・交際費ですが一般的な大学生だと1ヶ月1万円~1万5,000円ほどかかります。またすでに成人した学生になるとギャンブル、お酒、タバコなどを嗜むこともあります。, このようなケースでは1回につき5,000円~1万円を注ぎこんでしまうことが多く、1ヶ月の平均娯楽・交際費を大きく上回ることがほとんどです。したがって娯楽・交際費は自己管理が苦手な学生ほど注意しておきたい支出項目といえるでしょう。, 一人暮らしといえども生活をする上で最低限必要な日用品は購入しておかなければいけません(例:シャンプーやトイレットペーパーなど)。また学生なので当然のことながら文房具や書籍代なども必要になります。, その他、髪が伸びてきたら美容院代などもかかりますし、洋服類も1年間に数回は購入しなければならないこともあるでしょう。これらにかかる費用が雑費として扱われることになります。, そして大学生の一人暮らしにかかる雑費は平均で1ヶ月1万円~2万円となっています。前述の娯楽・交際費、雑費は家賃などと違って毎月の支出額が固定されておらず、当初の計算から漏れがちです。そのため、忘れずに計算しておかないと「予定外の出費で今月の生活が厳しくなった」ということも十分ありえますので注意しておきましょう。, ご覧のように大学生が1ヶ月一人暮らしをすると最低でも約8万円かかります。また上の金額はあくまでも最低費用です。家賃が高い都市部に住んだり、その他の項目で費用がかさむとおよそ18万円もの生活費が1ヶ月必要になります。そして年間で生活費の計算をすると94万2,000円~214万8,000円がかかるようになります。, この生活費に冒頭で取り上げた学費を加えると最低でも160万円以上の費用を1年の間に必要とします。これが学費の高い私立大学を希望したり、そこそこレベルの生活費を望むようになると300万円以上の費用が必要になることもあるでしょう。, 前述のように大学生が一人暮らしをすると非常に大きな費用がかかってきます。そのため、子どもを送り出すご両親の中には毎月の支出額を減らす方法やコツを探している方もいます。またアルバイトをしながら生活費を賄っている学生も同じように考えていることは多いです。そこでここでは大学生の一人暮らしにかかる生活費節約の方法を解説します。, まずこれは一人暮らし以外の世帯にもいえることですが、生活費を削減するなら光熱費と食費の見直しをしてみましょう。家にいる時は見たい番組がなくても何気なくテレビをつけている方は多いです。, テレビの種類や電気料金の契約形態によって異なりますが、1時間テレビをつけた時にかかる電気代は約1.5円~2円です。夜に学校から帰ってきて5時間テレビをつけていたとします。しかし、実際にテレビを見ていたのは1時間のみで他の時間は食事、お風呂、スマホなどに使っています。, そこでテレビを見ていない4時間はテレビを消してみます。すると1日で約6円~8円の電気料金を節約できます。これを365日続けると2,190円~2,920円の電気料金削減につなげることが可能です。, また食費も極力外食を減らし、自炊を心がけることを推奨します。外食をするとどうしても1食で500円~1,000円前後かかってしまいます。前述のように一人暮らしの大学生にかかる平均的な食費は2万円~3万円です。したがって外食を1回でもすると場合によっては、その日の夕食などが食べられないという可能性もあります。, このようなケースを極力避けるにはやはり食費を抑えることができる自炊を行うのがベストです。大抵のスーパーは夕方~夜になると30%OFFなどの値引きシールが貼られていたりします。このような値引きが行われる時間帯を狙って食材の買い出しに行くのもよいでしょう。, 生活費の中心を占める家賃に関してですが、こちらは立地条件やエリアによって大きく変動します。駅や学校からかなり離れた場所にある物件だと家賃は安くなる傾向にありますが、その分今度は学校に通うまでの交通費が大きくかかる可能性もあります。, したがって家賃に関しては大きく節約することは難しいです。ただし物件を新しく借りる時には敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用が発生しますが、これらの費用は節約することが可能です。, 物件によっては敷金・礼金が0円のケースもあるからです。また近年は家具家電付きの物件も用意されています。これらの初期費用がかからない物件を探すことで一人暮らしを始める際にかかる費用を20万円~30万円ほど抑えることも可能です。, 通信費は先ほどもご紹介したように近年普及が進んできた格安SIMに乗り換えることで大きく節約することができます。格安SIM会社やプラン内容によって料金は異なりますが、一般的には1ヶ月1,000円~2,000円で運用することが可能です。, つまり毎月スマホに1万円かかっていた場合は1ヶ月で8,000円~9,000円の節約ができるということです。また格安SIMに乗り換えるのに抵抗がある方は携帯ショップに足を運んで料金プランの相談をしてみましょう。プラン変更によって1ヶ月の料金が3,000円~4,000円ほど安くなることもあります。, 娯楽・交際費・雑費などを減らすにはこれはもう本人の意思次第です。具体的には今まで何気なく立ち寄ったコンビニでお菓子などを購入していたとします。お菓子が1点200円だとし、これを1年続けると年間で約7万3,000円がかかることになります。, 1点が非常に低価格なため、あまり気付きませんが年間で見ると非常に大きな支出となっていることがわかりますよね。これを例えば購入頻度を2日に1回にしてみると年間で3万6,500円の節約につなげることが可能です。, このように普段何気なく購入しているものにも注目してみると案外簡単に生活費の削減ができるようになります。仮に娯楽・交際費などのレベルを落としたくない場合は他の費用を抑えたり、自身でバイトをするなどの努力をするのもよいでしょう。, 大学生の一人暮らしにかかる費用と毎月の生活費の情報を解説しました。一人暮らしに憧れる学生は多いですが、現実を見ると年間で非常に多くの費用を必要とします。したがって一人暮らしをするなら事前に毎月かかる費用や生活費の把握をしっかりとしておかなければいけません。, また近年は親御さんの平均給与額も減少傾向にあるため、必然的に仕送り額も減っています。そのため、家庭によっては不足分をアルバイトで補う必要もあるでしょう。大学生の一人暮らしは確かに楽しいものですが、支出額の計算をしっかり行っていないと「今月はピンチだ」ということにもなりかねません。学校もプライベートも楽しくするために、計画的な生活を心がけていきましょう。, ホワイトデーに男子から告白したい!成功率をアップさせる方法とセリフ 大学生の一人暮らしでは生活費が平均どれくらい必要なのか?親からの仕送りなしの場合、毎月の費用はどうやってやり繰りしているの?そんな疑問を分かりやすく解決します! 一人暮らしをしたときに一ヶ月にかかる費用。つまり生活費はいくらかかるの?新生活が始まるとき、引っ越しをするとき、転職をするとき。人生の様々なポイントで気なるのが、この生活費というものです。でも、実際に生活費がどのくらいかかるかを調べてみると「え? 学生生活に必要な費用は? では、大学生活4年間、毎月かかる生活費はいくらぐらいなのでしょうか? 日本学生支援機構が行った「平成24年度学生生活調査」では、自宅以外の下宿・アパート等の学生の1年間の生活費の平均は授業料を含めて218万円強となっています。 大学生の1カ月の生活費はいくら? 全国大学生活協同組合連合会のウェブサイト「親子で要チェック! 今回は記事は、都内で一人暮らしをしている大学生である私の「2020年6月の生活費」を公開するという内容になります。同じく一人暮らしをされている方は参考にしてみて下さい。 ここまであげた大学生一人暮らしにかかる生活費の目安は、以下のようになります。 ・家賃 3万円~5万円 ・水道/光熱費 1万円 ・食費 2万5,000円~3万円 大学生の一人暮らしに憧れるけど、実際どのくらい生活費がかかるの?と疑問に思う人のために大学生のリアルな生活費、学費、仕送り額について調査しました!今は4人家族だけど将来子供を自宅外から通学させるか迷っている方もこの記事を参考に予算を組んでくださいね! 初めての一人暮らしや部屋探しは分からないことも多いもの。そこで今回は、一人暮らしの先輩である現役女子大学生に直撃インタビュー!部屋探しの際に注意したポイントや、今の物件を選んだ決め手、さらに気になる生活費事情などを聞いてきました! 大学生一人暮らしの費用:生活費. 九州で一番大きな都市福岡。そこで一人暮らしをする際に気になる家賃相場、家賃別にかかる初期費用の概算をはじめ、生活費の内訳や、家賃が安めで利便性の高いおすすめの街まで、詳しくご紹介します… 大学に進学して実家から仕送りをしてもらっても生活費は足らないのが現実です。 学費を含まない親からの援助の平均は7万円です。 ただ大学生が1人で暮らすためには少なくとも 8万円 は必要です。 大学生が一人暮らしで必要な生活費について、一人暮らしをしている女子大生がまとめました。進学を機に親元を離れて一人暮らししようと考えている方も多いと思いますが、実際にどれくらいの費用が掛かるかなど、イメージがわかりにくいと思います。 大学生で一人暮らしするならバイトで月6~7万円は稼ぐべき. 大学生になったら、おしゃれなマンションで一人暮らししてみたい――そんな憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか?学校の近くに部屋があれば通学もとっても便利。でも、大学生の一人暮らしには、学費のほか家賃や食費、光熱費などさまざまな費用がかかります。 一人暮らしの1ヶ月の生活費について解説しています!総務省の家計調査を基に全国平均、首都圏・東海・関西の地域別の平均、学生・就業形態別の平均を紹介しています。東京都内で一人暮らししている人の実例や、節約方法、一人暮らしを始めるまでに必要な費用目安も解説しています。 大学生になると実家を離れて一人暮らしを始めるケースも少なくありません。おそらく人生で初めての一人暮らしですから、多くの学生は楽しみで仕方がないでしょう。, しかし、大学生の一人暮らしにはさまざまな費用が発生します。この必要な費用を把握しておかないと満足な生活を送るのも難しくなります。, そこで今回は大学生の一人暮らしにかかる費用および毎月の生活費についてご紹介します。, 大学生の一人暮らしと社会人の一人暮らしの大きな違いは学費の発生の有無です。社会人は昼間の時間帯に仕事をして自身で家計のやりくりをします。しかし、大学生の本業はあくまでも勉学です。この勉強をするための費用が学費という形で発生します。, そして大学生の一人暮らしにかかる費用の約半分はこの学費です。そこでまずは大学生にかかる年間の学費の情報をまとめましたのでご覧ください。学費は当然のことながら国公立と私立で大きく変わります。, 国公立の大学は一般的に私立大学と比べると学費を抑えることができます。独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)が行った調査によると国公立の大学昼間部に通う学生の年間学費は以下のとおりです。, 【参考サイト】独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)「平成26年度学生生活調査結果」, なお上記の学費には授業料以外にもその他の学校納付金、修学費、課外活動費、通学費が含まれています。また一口に国公立の大学といっても学校の所在地、学問系統ごとに学費は大きく異なるため、上でご紹介した金額はあくまでも目安として捉えておくことを推奨します。, 「私立大学に通わせるのは大変」と頭を悩ます親御さんも多いです。そのイメージどおり前述の日本学生支援機構が行った調査結果でも私立大学は学費が高くなる傾向にあります。私立大学の昼間部に1年間通うのにかかる学費は以下のようになっています。, ご覧のように同じ大学でも国公立と比較すると2倍以上の学費がかかっていることがわかります。また国公立と同様に学部によって金額が大きく異なることも理解しておかなければいけません。, 理科系学部、文学系学部などであれば大体上記の数字に近い学費に収まることが多いですが、医学部の場合は2倍強の金額に跳ね上がることもあります。したがって子どもに一人暮らしをさせるご両親は入学前にしっかりと年間にかかる学費を把握しておく必要があるといえるでしょう。, 家賃は立地条件などによって金額も大きく異なるため、正確な数字を出すのは難しいです。ただし基本的には東京都内や都市部に住むことになると家賃は高くなる傾向にあります。各種不動産情報サイトなどを参考にすると大体以下のような家賃相場となることが多いです。, 以上がエリア別に見たワンルーム賃貸の家賃相場です。もちろん立地条件などによっては相場を下回ることもあれば、高くなることもあります。したがって上で紹介している金額はあくまでも一つの目安として覚えておくことを推奨します。また先ほども取り上げた日本学生支援機構の調査結果では大学生の一人暮らしの平均家賃は4万円台(こちらは光熱費含む)となっています。, 電気、ガス、水道の光熱費も毎月かかる費用の代表的存在です。大学生の一人暮らしを対象にした光熱費調査が行われることは少ないため、こちらも正確な金額を出すことは難しいです。, しかし、総務省統計局やその他の民間企業のアンケート調査など複数の情報を参考にすると一人暮らしの光熱費は約5,000円~1万円に収まることが多いです。電気、ガス、水道別に見た1ヶ月の料金相場は以下のようになっています。, ご覧のように各種光熱費も1,000円~5,000円と開きがあることがわかります。これはクーラーや暖房の使用頻度、お風呂を毎日沸かして入るかシャワーで済ますかなど生活スタイルの違いによって生まれてくる開きです。夏や冬など極端な気候の季節にいかに無駄を省いた節約ができるかが、光熱費削減のポイントとなります。, 大学生の一人暮らしの食費は1ヶ月2万5,000円~3万円で収まることが多いです。ちなみに日本全国の大学生協やインターカレッジコープが加盟している全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)が2016年に行った調査によると下宿生の1ヶ月の平均食費は2万4,770円となっています。

男性 向け アマゾン ランキング, 早い 速い 英語, ドーナツ アレンジ おかず, 板チョコ 一枚 ガトーショコラ 炊飯器, フレア 歌詞 意味, 浜松 市 チョコレート 専門 店 アントゥル,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です