竹内まりや plastic love

ご主人は山下達郎さんで ご夫婦で今も活躍されておりますね♡. 竹内 まりや(たけうち まりや、1955年〈昭和30年〉3月20日 - )は、日本のシンガーソングライターで、作詞家・作曲家、ミュージシャン、音楽プロデューサーでもある。 出生名も同じ。結婚後の本名は 山下 まりや(やました - )。 「シンガーソング専業主婦」とも呼ばれる(※後述参照)。 「プラスティック・ラブ」(PLASTIC LOVE)は、日本のシンガーソングライター竹内まりやの12枚目のシングル。6thアルバム『VARIETY』(1984年)に収録。, 「プラスティック・ラブ」は当初、1984年発売の6thアルバム『VARIETY』[注 1]の収録曲として発表された[1][2][3][4]。, 竹内が作詞・作曲を手がけ、アレンジ・プロデュースに山下達郎を迎えて制作された[5]。歌詞は「都会暮らしの若い女性による自由恋愛」という極めてフィクショナルなテーマを独自のセンスで描いている[2]。山下はギター演奏も行い、 中西康晴(エレクトリック・ピアノ)、伊藤広規(ベース)、青山純(ドラムス)らによる鉄壁のバンドによる演奏とともに竹内の歌唱を支えている[2]。, 発売当時のレコードの売上は1万枚以下であったが、竹内作品の中でも特別な人気を誇る楽曲で、「souvenir」(2000年)「souvenir again」(2010年)とライブでは高確率で演奏され、プロデューサーの山下も自身のライブでカバーしている[1][3]。, 2010年代後半、80年代の日本のシティ・ポップやファンク再評価の波が海外で起こり、無数のリミックスやリエディット動画もアップされた[6]。シティ・ポップ再評価の背景には、ヴェイパーウェイヴも大いに関係している[2]。「プラスティック・ラブ」人気のきっかけは2017年7月、YouTubeにて非公式にアップロードされた同曲の動画が2400万回以上の再生回数を記録したことだった[2][5]。この動画のコメント欄に英語のコメントが集まり、海外のリスナーの多さがうかがえた[5]。, その後も、ファンの手によって歌詞を英語にし、楽曲のジャケットに映る竹内まりやをアニメキャラタッチで描いた動画[1]、『超時空要塞マクロス』のキャラクターリン・ミンメイや『クラッシャージョウ』など楽曲の発売と同じ80年代アニメキャラが登場する動画、リック・アストリーの「ギヴ・ユー・アップ」とのリミックスなど、ディスコミックスにした動画などが投稿されている。, また、フューチャー・ファンクのジャンルでは定番中の定番となり、無数のリミックスやリエディット[7]がネット上にアップロードされたほか、放送局などを傘下に持つカナダの大手デジタルメディアであるヴァイス・メディアの音楽サイトであるノイジーなど海外メディアでも取り上げられ、1980年代の日本のシティ・ポップ再評価の動きのポップアイコンとしてマニアックなDJの間でブームとなった[8][5][6][4]。, このブームを受け、竹内の所属レコード会社であるワーナーミュージック・ジャパン公式YouTubeチャンネルからも、時代に合わせた楽曲の新たな解釈として、2020年前後のシティ・ポップにみる都会、夜、車をテーマとした表現を加えたプロモーションビデオが投稿された[9]。, 発表から35年の2019年、海外での人気を受けてミュージック・ビデオが制作された[4]。ビデオは竹内のライヴ・ドキュメンタリー映画『souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜』のアンコール上映にあわせ、同年5月17日にYouTubeで「ショートバージョン」が公開された[1][9]。ビデオ監督は映像クリエーターの林響太郎が務め、同楽曲の世界を新たな解釈で映像化した[1][4][5]。, 2014年にはCS放送の女性チャンネル♪LaLa TVオリジナルドラマ『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』の主題歌として使用された[10]。, 1985年3月25日に「PLASTIC LOVE (EXTENDED CLUB MIX)」が、12インチ・シングル盤としてリカットされた。カップリングに収録の“NEW RE-MIX”は、カップリング用に作られた、アルバム・バージョンより楽器編成がシンプルな別ミックス[11]。両曲とも、2014年リリースのアルバム『VARIETY -30th Anniversary Edition-』にボーナス・トラックとして収録された。, オリジナルの7インチ・シングルは1987年7月25日に発売され、もとのカップリング曲は「, 竹内まりやの名曲を若手クリエイター 林響太朗が再解釈。35年の時を越え“プラスティック・ラブ”新MV(Short Ver.)公開, 竹内まりやのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」(4/4), Friday Night Plansが竹内まりや「Plastic Love」をカバー 本日配信リリース, tofubeatsがカバーする竹内まりや「Plastic Love」、プレオーダースタート, city pop 神曲 Plastic Love 35年後出mv 竹內瑪莉亞出道40週年, 台北生まれNY在住の新世代女子シンガー、9m88が7インチ・シングルをリリース 1月に初の来日公演も, https://www.moguravr.com/virtual-singer-emma-3/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=プラスティック・ラブ&oldid=80539500, カップリング曲としてライブ・アルバム『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』収録のライブ・ヴァージョンとオリジナル・カラオケ音源の2曲を収録。, 台北生まれ、ニューヨーク在住のアーティスト・9m88のアナログ・シングルのカップリングに収録. DJでプロデューサーのtofubeatsが、竹内まりやの名曲「Plastic Love」(1984年のアルバム『Variety』収録)のカバーバージョンをリリースした。2 2018年のアルバム『RUN』ではボーカリストとしての存在感も示した彼が、自らボーカルをとった意欲作だ。 台湾の女性ソウル・シンガー9m88、竹内まりや"Plastic Love"カバー収録の7インチ! Y.I.M.と思い出野郎Aチーム『タイワンド』をリリースした台湾のレーベル、2manysoundからの第2弾作品は、台北で今最も注目されているという女性ソウル・シンガー、9m88。 竹内まりや「souvenir2021 mariya takeuchi live」公演中止のお知らせ 2020.12.17 毎年恒例「年忘れ夫婦放談」にゲスト出演! 2020.12.04 広末涼子さんへの提供曲「キミの笑顔」配信スタート! 2020.12.03 『家庭画報』2021年1月号にインタビュー掲載。 2020.12.01 出典:https://www.amazon.co.jp 1984年4月25日に発売した竹内まりやの6thアルバム『VARIETY』収録曲。 1982年に山下達郎と結婚し、音楽活動を休止していた竹内まりや。 6thアルバム『VARIETY』は、竹内まりや復帰後初のアルバムだった。 これまでのアルバムは、様々な作家が曲を提供していたが、本作では全曲作詞作曲・竹内まりや(編曲・山下達郎)。 つまり、本作から竹内まりやは本格的に作家として活動していくこと … 竹内まりやのPlastic Love、このあたりの曲、ユーチューブでは、 削除されています。今の若い人にも、絶対に染みる楽曲なのに。 個人的には、恋は流星、CDで手に入れようと考えています。 吉田美奈子について、掘り下げる記事、期待します。J-Pop史で、 竹内まりやの「プラスティック・ラブ」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)突然のキスや熱いまなざしで 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 DJでプロデューサーのtofubeatsが、竹内まりやの名曲「Plastic Love」(1984年のアルバム『Variety』収録)のカバーバージョンをリリースした。2018年のアルバム『RUN』ではボーカリストとしての存在感も示した彼が、自らボーカルをとった意欲作だ。, ドラムマシンのTR-707やシンセベース、そして少しチープなピアノをフィーチャーしたハウス寄りのアレンジは、まさにtofubeats印。レトロで簡素なサウンドながら響きはとても現代的でダンサブルでもある。「ロボ声」的なオートチューンは控えめだが、かわりにボコーダーがアウトロを彩る。原曲へのリスペクトとダンスミュージックの文脈とが違和感なく結びついている一曲となった。, 一方、「Plastic Love」という楽曲そのものも、ある評論家が「2018年に海外で最もヒットした邦楽」と呼ぶほどの注目を集めている(参考:THE JAPAN TIMES)。ここ半年は国内のさまざまな媒体でもこの異例の「ヒット」が驚きをもって取り上げられており、2018年末のラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TOKYO FM)で山下達郎・竹内まりや両人からこの現象への言及があったほど。再評価の波は、台湾出身のソウルシンガー・9m88や、東京出身の若手R&Bシンガー・Friday Night Plansなどによる相次ぐカバーバージョンのリリースに至り、そしてついに、シティポップへの偏愛を公言してきたtofubeatsが満を持しての登場というわけだ。, ヒットの震源地はYouTubeだ。著作権者の申し立てで削除されてしまったものの、YouTubeに違法にアップロードされていた同曲の動画は2,400万回以上の再生数を誇った。世界的に見ればマイナーな日本人シンガーの楽曲がこれほど再生された例も他に見当たらない。, この動画の影響力は再生数だけでは計り知れない。たとえばGoogleで「Plastic Love」を画像検索してみると、こんな結果が出てくる。, 竹内まりや本人のポートレイトがほとんどだが、これは先述した動画に添えられていたものと同一だ。これは同曲収録の『Variety』ではなく、別のシングル「Sweetest Music」のジャケットからとられたもので、「Plastic Love」と関係がない。にもかかわらずこんな結果が出るのは、ひとえに件の動画の影響力による。, なぜこれほどまでに「Plastic Love」が聴かれたのか。よく言及されるのは、YouTubeのおすすめアルゴリズムだ。YouTubeを利用していて、関連動画の欄になぜかいつも同じ動画が表示される、といった経験はないだろうか。ずっと表示されるので好奇心に負けて再生してしまったという人も少なくないはず。「Plastic Love」のヒットもその原理によると言われている。YouTubeのおすすめアルゴリズムになぜかこの曲がひっかかり、多くのユーザーの関連動画欄に表示されるようになったのだ。, アルゴリズムの気まぐれがヒットのきっかけという楽曲は他にもある。ローファイハウスの名曲、Ross From Friends「Talk To Me You’ll Understand」などだ。, 音楽系ウェブメディアのThumpは、「ローファイハウスはアルゴリズム時代の最初のジャンルなのか?」と題した記事でこの現象について考察している(参考:Thump)。また、2018年に待望の来日公演も果たした、ノルウェーの若手シンガーソングライター・Boy Pabloも、YouTubeのアルゴリズムが人気に火をつけたと言われている(参考:COMPLEX)。, 一方、「Plastic Love」が音楽好きの間で受け入れられる準備が整っていたのも確か。サブスクリプション時代の到来とともに巻き起こったアナログレコードブームは、世界中のレコード需要を活気づけた。そこにタイミングよく70年代から80年代にかけての日本の中古レコードが市場に数多く出回るようになったのだ。これによって、山下達郎や大貫妙子を代表とする日本のシティポップが再評価された。音楽好きはこぞって、「Plastic Love」のような日本型ポップミュージックに注目していたのだ。, 「「Plastic Love」世界的ヒットに“3つの文脈” tofubeatsカバーリリースを機に解説」のページです。シティポップ、シンガー、カバー、JPOP、imdkm、Future Funk、vaporwaveの最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。, 9m88- ‘Plastic Love’ Cover Version (Original Song by Mariya Takeuchi), Ross From Friends – Talk To Me You’ll Understand. Mariya Takeuchi 竹内 まりや Plastic Love 竹内まりやさんの「プラスティック・ラブ」は公開8カ月で、なんと739万回再生されています。� この楽曲は1984年に発表されたアルバム『VARIETY』に収録されたもので、プロデュースは山下達郎さんとなっています。� 「プラスティック・ラブ」(PLASTIC LOVE)は、日本のシンガーソングライター竹内まりやの12枚目のシングル。6thアルバム『VARIETY』(1984年)に収録。 『Plastic Love』とは1984年4月25日にリリースされた竹内まりや通算6枚目 のアルバムに収録された楽曲です。 作品が生まれてから35年の時を経て今も大ブレイクしている殿堂入りした名曲 です。 当時、アレンジ・プロデデュースには山下達郎さんが加わっており手腕を振る っていました。 しかし発売当初の人気はそこそこでありレコード売上も1万枚以下と低迷しまし た。 ブレイクの火種となったのは2010年代後半、本楽曲は … 海外のファンが「プラスティック・ラブ」について考察する動画はこちら。 竹内まりや - souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live (山下达郎全程出镜/自压蓝光高清现场!) 以前、TV番組で観たのですが "Plastic Love" (プラスティック・ラブ, Purasutikku Rabu) is a song released by Japanese singer Mariya Takeuchi. 竹内まりやのクラシック『VARIETY』(ソロ・アーティストとしての活動休止を挟んだ復帰作)は84年の作品で、“Plastic Love”はその収録曲だ。 翌年には10分弱の〈Extended Club Mix〉として12インチ・シングルがリリースされている。 竹内まりやさんが1984年にリリースしたシンガーソングライターとしての復帰第一作。 ... “Plastic Love” is no doubt my favorite Takeuchi Mariya song ever made. In 1985, Takeuchi’s latest single would be released and while “Plastic Love” the original version was featured on the “Variety” album, the single was released with an “Extended Club Mix” and a “New Remix”. 関連:tofubeats、竹内まりや「Plastic Love」ネタ「PLA棒愛」をSoundCloudに公開! 今回は 竹内まりやさんの「Plastic Love」を 歌い方のコツ解説 していこうと思います♪. 竹内まりや の Variety に収録されている PLASTIC LOVE は無料で動画視聴ができます。アートワークや歌詞、テイストが似ているアーティストも表示されます。 竹内まりやの「プラスティック・ラブ」歌詞ページです。作詞:竹内まりや,作曲:竹内まりや。私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな 主題歌 (歌いだし)突然のキスや熱いまなざしで 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 「プラスティック・ラブ」は当初、1984年発売の6thアルバム『VARIETY』[注 1]の収録曲として発表された。 竹内が作詞・作曲を手がけ、アレンジ・プロデュースに山下達郎を迎えて制作された。歌詞は「都会暮らしの若い女性による自由恋愛」という極めてフィクショナルなテーマを独自のセンスで描いている。山下はギター演奏も行い、 中西康晴(エレクトリック・ピアノ)、伊藤広規(ベース)、青山純(ドラムス)らによる鉄壁のバンドによる演奏とともに竹内の歌唱を支えている。 竹内まりやさんデビュー40周年記念の第3弾「「Love Songs」がリマスターされリリースされました。 彼女の3rdアルバム、「Love Songs」は、彼女にとっていろんな意味で非常に重要なアルバムで、 The song was included on Takeuchi's number-one hit album, Variety (1984), and also released as a single a year later. 竹内まりやの人気曲 元気を出して 駅 いのちの歌 シングル・アゲイン 元気を出して 初心者向け簡単コード 人生の扉 家に帰ろう 純愛ラプソディ September カムフラージュ

電動 ラジヘリ 中古, ほうじ茶 専門店 大阪, Iphone 予測変換 遅い, 三人組 歌手 男 ラブソング, 香川 夜景 ディナー, 青の洞窟 運行 状況, チェリー ピアノ 上級, ツナ缶 値段 高い, ファイト ドラマ 三浦春馬, トビタテ エントリー シート,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です